見る

暮らしと自然が調和した
懐かしい風景を歩き、史跡をめぐろう

梨やりんごの花が段丘を覆う春、清流に涼を感じる夏、
燃えるような紅葉の秋、りんごの樹に雪がかかる冬。
まつかわの風景は、人の営みと自然が調和した、懐かしい魅力にあふれています。交通の要所として栄えた伊那谷の歴史を感じる寺社仏閣や、謎も多い船山城など、史跡も各所にみどころが。
ゆるりとめぐって、あなただけのお気に入りの場所をみつけてみませんか。


案内所・資料館

案内人 おいなんよ松川

問い合せ 松川町産業観光課
電話 tel 0265-36-7027
URL https://oinanyo-matsukawa.localinfo.jp/

松川町を訪れていただく皆様を、笑顔でご案内します。自然や歴史、くだものの里の風景をめぐる時、松川大好きなメンバーといっしょに過ごしてみませんか?きっと楽しい旅の思い出となりますよ。
5日前までにお申し込みください。

松川町資料館

電話 tel 0265-34-0733

歴史・考古・民族資料を中心に展示・収蔵し、各種のカラフルな解説、最新の映像展示で町の生い立ちや変遷を解説しています。また展示ホールは地域の皆さんの創作活動の発表の場として利用できます。
アクセス(Googleマップ)

城跡

台城公園/大島城跡

天竜川の蛇行による天然の要塞を生かして作られた台城 ※大島城の城跡。現在は桜やツツジの花の美しい公園として、地元民の憩いの場にもなっています。遊具も充実しているので、子どもとのお散歩にも。

399-3303 下伊那郡松川町元大島

台城=台地に建てられた城のこと

アクセス(Googleマップ)

名子城跡

平安時代末に片切氏から分かれた一族が名子郷に土着し、名子氏を称して築城。
城山下の名子平に館を築き、有事の際に立て籠るために築かれた城がこの名子城です。
老赤松とツツジの美しい公園として整備されています。

〒399-3303 下伊那郡松川町元大島5230

アクセス(Googleマップ)

船山城跡

伊那谷の名族・片切氏の本拠として築かれた広大な城。長野県史跡に指定されています。伊那谷の名刹・端応寺に接し、城内には御柱祭で有名な片桐御射山神社が鎮座しています。

399-3301 下伊那郡松川町上片桐3497

アクセス(Googleマップ)

史跡

円満坊

古くは「桜塚円満坊」と呼ばれ、昭和初期には伊那谷十景の第一位に選ばれたこともある桜の名所。郡内屈指のコヒガン桜の巨木は樹齢400年といわれ、町の文化財に指定されています。また、境内に安置される阿弥陀如来坐像は900年を遡る平安時代藤原期の優作。長野県宝に指定されています。

399-3302 下伊那郡松川町生田535

アクセス(Googleマップ)

片桐宿・大島宿

江戸時代の初期、飯田城主京極氏によって伊那街道のうち飯田・飯島間が山付けに移され、大島・片桐、市田(高森町)の伝場宿が新設されました。
以後、民間輸送機関としての中馬の発達により、上がり下がりの馬や旅人で各宿場は賑わいました。
幕末の動乱期には水戸浪士の一行800名が片桐・大島宿に宿泊し、京を目指して行った記録も残されています。
パンフレット

神社・寺

瑞応寺

伊那谷の代表的な禅刹の一つ。本堂は伊那谷の木造建築物仏寺のなかで最も大きなものの一つであるといわれています。

399-3301 下伊那郡松川町上片桐3478

アクセス(Googleマップ)

大洲七椙神社

平安時代の末、片切氏より分かれた大島氏が自領の鎮守として奉祀したものと伝えられる神社。境内には7本の御神木を中心とする杉の巨木があり、七椙神社社叢として町の天然記念物に指定されています。

大洲七椙神社の詳細はこちら(大洲七椙神社HP)

アクセス(Googleマップ)

その他名所

片桐ダム

春の若葉、夏の深緑、秋の紅葉と、湖の周りに四季折々広がる美しい景観が魅力のダム。周辺の散策路も整備され、散策にぴったり

399-3304 下伊那郡松川町大島

アクセス(Googleマップ)

●さらに調べたい方は
長野県の観光サイト「さわやか信州旅」でも発信していますので、さらに調べたい方はこちらでもご参照ください。
nagano-tabi.net