私たち「南信州まつかわ観光まちづくりセンター」について

観光を手段に、新しいまちづくりを。
私たちは「南信州まつかわ観光まちづくりセンター」です。

一般社団法人 南信州まつかわ観光まちづくりセンター(以下、観光まちづくりセンター)は「観光を手段としたまちづくり」を行う組織として、2018年4月2日に松川町、JAみなみ信州、松川町商工会、信州松川くだもの観光協会が基金を拠出して設立されました。設立にともない、これまで観光振興を担ってきた松川町観光協会は発展的解散となりました。


経営理念

松川町の100年後にも遺したい地域ブランド(地域の宝)を体感できる滞在交流型の観光を推進し、地域住民や地場産業等多様な関係者との連携により地域経済の振興を図り、以って、持続可能な地域づくりを目指します。

地域ブランド(地域の宝)

【松川の自然環境の特徴】 2つのアルプスに抱かれた豊かで多様な里山文化
【松川の農的生活の特徴】 五感で感じる季節。田舎の生きる知恵が生み出す、小さな喜び
【松川の人的資産】 おいなんよ、かまっちゃうに。人好き文化の豊かな暮らし

※地域ブランド(地域の宝)は、住民参加型ワークショップとして観光交流地域づくり戦略会議での議論を踏まえ現時点でのブランドイメージとして、言語化したものです。

組織概要

名称 一般社団法人 南信州まつかわ観光まちづくりセンター
代表 理事長 宮下彰
主たる事務所 松川町元大島2065-1 農村観光交流センターみらい内
TEL:0265-36-7155
FAX:0265-36-6312
関連事務所 松川町大島2750-284旧松川青年の家内
TEL:0265-36-4700(平日9:00〜17:00)
FAX:0265-34-1160
主要事業 ・観光案内所
・広報・マーケティング
・滞在交流プログラム
・青年の家あと利用検討(ツリードーム)
・特産品企画(ふるさと納税)
広報誌 法人の会員や地域住民、関係事業者に向けて広報誌を発行しています。
観光まちづくりだよりVol.1(PDF)
観光まちづくりだよりVol.2(PDF