【体験レポート】うしうしファームで落花生の収穫

【体験レポート】うしうしファームで落花生の収穫

体験レポート

こんにちは、スタッフNです。
気が付けば暑い夏は過ぎ去り、朝晩の涼しい風にだいぶ秋を感じるようになってきた松川町。今回はそんな秋の初めにふさわしい松川町のニューフェイス体験プログラムをご紹介しようと思います。

題して

「うしうしファームで落花生(おおまさり)の収穫体験をしてきた!」の巻

うしうしファーム?!このネーミング。何やら、ワクワクと好奇心をくすぐるにおいがぷんぷんします。はて?「落花生」と言いながら牧場なのでしょうか?大きな謎を抱えながら松川町観光案内所を後にします。

そして車で走ること5分。あっという間にうしうしファームに到着しました。到着した先は、いたって一般的な野菜農家のようですが、知ってなるほど!園主さんのお名前は、牛久保さんという方でした。だから、「うしうし」か!

うしうしファームの牛久保さんはユーモア100%で出来ているような、とっても明るく面白い方で、農園で栽培している珍しい品種の野菜からしてタダモノではない気配。今回は、そんな牛久保さんがこれはウマイ!と毎年毎年種を継いで大切に育ててきた「おおまさり」という茹でて食べる落花生の収穫を体験してきました。

軽トラにスコップを載せて車で少し走ったら、落花生畑に到着です。南アルプスを望むゆるやかな斜面にたくさんの落花生のツルと葉っぱ。よくよく考えると、落花生畑って松川町で今まで見かけた気がしないし、そもそも落花生ってどういう風になっているの?なぞは深まるばかりです。

牛久保さんから畑の話や落花生の名前の由来などオモシロ小話を聞いて(小話の内容は体験した時のお楽しみにしましょう!)そして収穫方法もレクチャーしてもらいます。牛久保さんの真心込めた栽培の賜物か、元果樹園だった落花生畑の土はふわふわと粒子が細かく、素人目にも良い土だということが分かります。深すぎず、浅すぎず、斜めにスコップを足でしっかりとさして、落花生の根っこを切らないように‥。

思いの外、落花生のツルは横へ横へどんどん伸びていて、なんと一株を収穫したらこんなに大きな株でした!

落花生ってこういう風になるのかぁ!とスタッフは感激。さぁ次は、この収穫した落花生をツルから外して洗う作業です。

手際よくパッパッと外していきます。無になる瞬間。(わいわいおしゃべり)を楽しみながらでももちろん良いんですよ!)

そしてガラゴロと機械で一気に洗います。

こうして洗った落花生はお土産に。(注:必ずその日のうちに茹でてください!とのことです)そして、その場であらかじめ茹でておいた落花生を試食させていただきました)。

う~ん!美味しい!!収穫適期な「おおまさり」は殻が薄く、中の実がとっても大きく、味は濃厚で甘みも感じられて‥‥こんな落花生は今まで食べたことがない!(というか、茹でた落花生をいただくこと自体初めての体験でした!)と、つまみ食いが止まらなくなる美味しさなのです。

こうして、1時間ほどの落花生収穫体験はおしまいです。あっという間でしたが、普段出来ない体験ができて、大満足&リフレッシュ!牛久保さんありがとうございました!

<落花生(おおまさり)の収穫体験>
【内容】有機栽培にこだわる「うしうしファーム」で園主のお話しを聞きながら、じゃんぼ落花生「おおまさり」の収穫体験。
【時間】1時間程度
【料金】2,000円/1株(ゆで落花生試食あり)※株数は現地で園主にお伝えください。
【その他】生もののため低温保存、早めの塩ゆでが必要となります

ご予約・お問い合わせ
松川町観光案内所みらい
TEL:0265-36-6320(営業時間 9:00〜17:00)
メールのお問い合わせはこちら