くだものの里 松川町りんご狩り観光果物情報

観光情報

名所・旧跡

円満坊

円満坊

古くは桜塚円満坊と呼ばれ、桜の名所として知られていました。   

境内に安置される阿弥陀如来坐像は900年を遡る平安時代藤原期の優作で長野県宝に指定されています。
また南北朝時代作の十一面観音坐像、郡内屈指のコヒガン桜の巨木は町の文化財に指定され、芭蕉の句碑もあります。

«「名所・旧跡」一覧へ戻る

«観光情報トップへ戻る

▲このページの上へ

Copyright 松川町観光協会 松川町産業観光課. All right reserved.