くだものの里 松川町りんご狩り観光果物情報

観光情報

名所・旧跡

片桐宿・大島宿

片桐宿・大島宿

江戸時代の初期、飯田城主京極氏によって伊那街道のうち飯田・飯島間が山付けに移され、大島・片桐、市田(高森町)の伝場宿が新設されました。

以後、民間輸送機関としての中馬の発達により、上がり下がりの馬や旅人で各宿場は賑わいました。
幕末の動乱期には水戸浪士の一行800名が片桐・大島宿に宿泊し、京を目指して行きました。

«「名所・旧跡」一覧へ戻る

«観光情報トップへ戻る

▲このページの上へ

Copyright 松川町観光協会 松川町産業観光課. All right reserved.